若鶴のあゆみ

成長期 - 昭和中期から後期

昭和30年から40年代

昭和中~後期

昭和37年の酒類の減税とその後に実行された所得倍増計画により酒類の消費量は大幅に増大するとともに、高級酒への指向も高まりました。

若鶴酒造は、清酒を主力商品として設備を改善して増産体制を確立すると共に、大正蔵(新潟杜氏)と昭和蔵(南部杜氏)それぞれの長所を生かして芳醇な優良清酒を世に送り出します。それが大衆の支持を得て、需要が一段と促進されました。同年には、社長 稲垣小太郎が、北陸3県におけるコカ・コーラの企業化に名乗りを上げ、大正蔵の一室にて北陸コカ・コーラボトリング株式会社を設立しています。

昭和40年には、魚津荷捌所の設置とビール卸売免許を受け、富山県下における販売体制を確立しました。若鶴酒造は、増大する需要に即応するため、ネックであったびん詰め工場の建設を企図し、最新式装置を誇る一連の自動びん詰機械を完備しました。

  • 若鶴のあゆみ
  • 若鶴のあゆみ
  • 若鶴のあゆみ

昭和50年から60年代

昭和55年に新精米工場を、昭和60年には新研究室・新蒸留酒工場を完成させます。さらに昭和63年には本社、新社屋を完成させ、短期間のあいだに大型の設備投資を行いました。

こうして生産体制を磐石し、新しい時代へと進んでいきます。

ページの先頭へ戻る