• TOP>
  • 新着情報>
  • 「若鶴 大正蔵」がグッドデザイン賞受賞

新着情報

「若鶴 大正蔵」がグッドデザイン賞受賞

「若鶴 大正蔵」がグッドデザイン賞受賞

グッドデザイン賞とは?

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。
その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、受賞数は毎年約1,000件、55年間で約40,000件に及んでいます。



審査委員の評価コメントは以下の通りです。
「酒蔵の歴史的建築物の魅力を残し、企業の会社創業のシンボルとして研修施設に再生された。既存の架構と新しく付加された部分とのバランスがとても良い。大屋根と登り梁のダイナミックな意匠を継承し、製造業としての魅力が後世まで伝わっていく。大手企業が積極的に歴史的建造物の保存に貢献しているところにも好感が持てる。また遺産を残すだけではなく、使い続けることが大切であることを教えてくれる。」

受賞の詳細については、下記URLよりご確認いただけます。
http://www.g-mark.org/award/describe/41601?token=A4S7YyQ25Z

ページの先頭へ戻る